始めに本命馬【リッカルド】について
力的には悪くないと示せた今回のレースは
一定の評価をして良いかと思います
JRAダート重賞勝ち馬であることを証明したレースとなりました
ただ上位3頭とは少し力が違った印象
年齢的な事も考えると今後狙うかは微妙です

次に対抗馬【アウォーディー】について
これは正直残念でした
年齢には勝てないという事ですかね
今後の行方に注目の一頭です


そしてここからは個人的に【アポロケンタッキー】について
このブログの読者数が爆発的に増えたのは2016年東京大賞典の
アポロケンタッキー本命指名がキッカケである事は間違いありません

そういう意味でこの馬は個人的に追っている馬ですが
よくよく考えると休み明けが少し弱く今回走らないのも無理は無い状況でした
私としては月1ペースで使って調子を上げた状況で
G1レースを走って欲しいのですが
東京大賞典を勝ってその後も賞金を重ねている事で斤量増となり
若干レース選択を悩んでいるような戦績に見えます

いずれにせよ間隔がもう少し短くコンスタントに走ってくれば
必ず復活する馬だと考えているので今後どうするか注目です


最後に上位3頭とヒガシウィルウィンについて
上位3頭はもはや安定勢
レースとしては本命党にとって安心感のあるレースになってしまった印象です

特にサウンドトゥルーは大野Jで広いコースで2000m前後の距離なら
ホッコータルマエやコパノリッキーにも対等に渡り合っていましたから
息の長い活躍馬です
展開次第では今後も上位2頭と逆転もあり得るでしょう

そしてヒガシウィルウィンは
正直よくやったと思いますが
キツい言葉で言うのなら勝ちにいった印象はあまりありません
本気で勝つのならせめてリッカルドと同じような位置取りが必要な馬で
付いて【いけなかった】のか付いて【いかなかった】のかは
森Jのみぞ知る所ですが少し残念な位置取りだった事は付記しておきます

地方競馬ファンとしては
地方の雄として本気で勝ちにいって欲しかったという意味で非常に残念でした