三連単二頭軸
それは私が辿り着いた
最良の買い方

・購入金額は少ない
・だけど配当は非常に大きい
こんな夢のような買い方で
勝負してみませんか?

このブログでは
馬券をただ「当てる」のではなく

・激走確率の高い穴馬を
「狙い打ち」して
「高配当」をgetしたり
(高額配当実績あり!)

・好走確率の高い人気馬を
「狙い打ち」して
「次に繋がる的中」をgetする
(やっぱりコツコツ的中も大事)

予想を提供しています

毎週火木土日 朝8時更新!
火→火水 予想
木→木金 予想
土→土  予想
日→日月 予想 

【門別/南関東/園田姫路/高知】の
メイン/勝負レースの
予想を提供します

予想を見て三連単二頭軸の
魅力を感じてください!

☆こちらもチェック!

メルマガ
「恵史888 全レース予想」
http://www.mag2.com/m/0001676726.html

こちらでは
メインブログと同じ日の
【門別/南関東/園田姫路/高知】の
全レースの軸馬のみを公開! 

メイン/勝負レース以外も
馬券で勝負したい方は
是非登録お願いします

注意
広告等ビジネス関係のものは
コメント欄ではなく
メッセージでお願いします

カテゴリ: 連載

part.4【夏競馬でこそ輝く血統がある】


「夏競馬は難しいからやらない」
と考えているそこのあなた

夏競馬は独特なコツさえ覚えれば
実は高配当が1年で1番獲りやすい季節です

このブログでは6~8月の夏競馬で稼ぐ為に
押さえておくべきポイントを4回に分けて
解説していきます

本日のテーマは
【夏競馬でこそ輝く血統がある】です

春競馬や秋競馬(所謂G1シーズン)では
ディープインパクトやロードカナロア
キズナなど
王道中の王道とも言える血統が活躍します

しかし特に夏競馬では
こういう王道血統ではない非王道血統が
猛威を振るう事が頻発します

札幌函館は
他の競馬場とは違う芝を使用している点
福島小倉は他に比べて小回りな競馬場である点が
非王道血統が活躍する所以です


札幌函館で注目なのは
【ハービンジャー】でしょう
この馬の子供は札幌函館の所謂洋芝に強く
普段よりも好成績で走ってくれます

ただ私が今回この馬を紹介したのも理由があって
ハービンジャー産駒は常に人気の割に走らない
という状況がここ数年続いています

ですからハービンジャー産駒は
札幌函館で普段よりも好成績を残すが
そもそも馬券に絡めると損をしやすい
という微妙な状況になっているという事です

ハービンジャー産駒は
勝利数で言えば札幌函館でtop5に入る種牡馬
という事が余計に難しくさせます
ハービンジャーの取捨選択は
相当慎重にならないといけません

このハービンジャーのように
常に人気過多の種牡馬も居れば
穴馬を量産する種牡馬も存在します
こういう穴馬量産型の種牡馬は
数か月から数年で傾向がガラッと変わる事も
多いので明言はしませんが
こういう種牡馬を知っているか
知らないかで馬券の成績は大きく変わります
一度調べてみる事を強くおすすめします

因みに昨年2020年は
札幌/函館/福島/新潟/小倉という
所謂ローカルと呼ばれる競馬場で
「白いあいつ」の種牡馬成績が良く
(特に札幌開催が凄かった)
美味しい馬券を提供してくれた存在でしたが
G1勝ち馬も今年生まれましたので
今年は美味しい馬券を提供してくれるか注目です

以上で今回の連載は終わりです
いかがでしたでしょうか?
私にこんな事を聞いてみたいという事が
ありましたらコメント欄で書いてみてください

そのコメントから
新たに記事を書くかもしれません
またtwitter(@keishi888humhum)のDMで
個別に質問を受ける事も出来ます

「あれ聞いてみたいけど
人には知られたくない情報だ」
と感じている場合は
DMからどうぞ

但しブログもtwitterも
1日に数回程度のチェックである為
聞かれた事に即返答というのは
少し難しいかもしれません

特にJRAや地方のレース開催時間中は
返答が難しい場合もありますので
ご了承ください

【大荒れレースの馬券の獲り方】
①単勝10倍以下の馬の中に
馬券に絡むと言い切れる馬が存在しない
②基本は軸馬を決めるのが難しい為
Box馬券を推奨
③的中しなくてもしょうがないと考える


実は私恵史888
4年前に夏競馬で3連複30万馬券を
遊びで獲得しています
(3連単約180万馬券のレースでした)

これがその時の画像です
30

(画像は複製/転載禁止)

予想として発表したものでは無かった為
皆さんを儲けさせる事は出来なかったのですが
このレースの賭け方は
普段のこのブログの予想とは大きく異なり
また今までの連載で書いて来た事とも異なる
「大荒れレース予想専用」の賭け方で
参考になる人もいるかもしれませんので
番外編として書こうと思います
(2017年8月9日に記事として書いているものと
内容が少し被っています
ご了承ください)

このレースが行われたのは
【新潟ダート1200m】という舞台
このコースは前に行く馬が凄く有利で
基本的には前に行く馬が多く馬券に絡みます

そんな中でこの30万馬券を獲得した時に
馬券に絡んだのは差し追込の3頭でした
では何故そんな馬券を買えたのか?
それは人気馬が軒並み信頼出来ない点にありました
このレースで10倍以下の馬は4頭居たのですが

1番人気が休み明け初戦
2番人気が前走8着
3番人気は昇級初戦
4番人気は近4走馬券に絡んでいない

と絶対に馬券に絡むと言い切れる馬が
存在していないというのがこのレースでした
そんな中で大穴馬券を狙うのに
必須な条件があります

それは人気馬と逆の脚質を買えという事
上記人気馬4頭はいずれも前目で競馬する馬
だからこそ差し追込の3頭の馬券を
買えたという事です

大荒れ狙いならそこまで吹っ切った狙い方を
してしまう方が当たりやすくなります

また馬券を買う時はBox馬券をおすすめします
大荒れレースを狙うのであれば
軸馬を決めるのは非常に難しい場合が多く
軸馬が外れて失う金額が
軸馬を決めて節約する金額の
何十倍何百倍にもなり
大きなショックを受けやすい為
経験則としてbox馬券の方が良いと考えています

このレースでは5頭box(10点)で仕留めています
つまり1000円が30万円になったという事です
これが軸馬を決めて600円で購入し
縦目で外れていたとしたら
想像するだけで恐ろしいものがあると思います

このように夢がある
「大荒れレース予想専用」の買い方ですが
正直こういう大荒れレースは
JRAで1か月に1回あれば良い方で
1回も無い月というのもあります

夏競馬や冬競馬では
普段よりも刺さりやすくはなりますが
それでも数はそこまで多くありません

(ちなみにこの狙い方は
私は夏競馬でやりましたが
どちらかと言えば最近は冬競馬(1~3月)の方が
刺さりやすいというデータがあったりします)

だからこそ
「的中する方が珍しい」と考えて
馬券を買う事が出来ない人にはおすすめしません


それだけ心臓に悪い買い方です
だから番外編なのです
馬券に絡むと言い切れる人気馬が居るのなら
素直に前で競馬が出来る穴馬を買うべきです

今回は「大荒れレース」の馬券の買い方について
紹介しました
明日の連載最終回もよろしくお願いします

part.3【夏競馬は人に注目】


「夏競馬は難しいからやらない」
と考えているそこのあなた

夏競馬は独特なコツさえ覚えれば
実は高配当が1年で1番獲りやすい季節です

このブログでは6~8月の夏競馬で稼ぐ為に
押さえておくべきポイントを4回に分けて
解説していきます

本日のテーマは
【夏競馬は人に注目】です
夏競馬の人に関する見方は2つあって

①騎手が秋以降のG1に向けて
新たな有力馬の鞍上を獲得する事

②各地方の競馬場での開催となる為
その地方の馬主さんが競馬場に
来場する可能性が高くなり
来場した馬主さんに恥をかかせられない為
好走出来るように馬を仕上げるようになる事

主にこの2つに注目すべきだと考えています

①に関して
夏競馬というのは
少し燻っている騎手達にとっての
最大のチャンスです

超有力騎手というのは
夏競馬でアピールしなくとも
G1で勝てる力のある有力馬の騎乗が
決まる事が多いのですが
少し燻っているとG1に乗れるかすら
微妙である事も少なくありません

そこで新たな有力馬を求めて
関係者と関係を深める必要が出てきます
また特に北海道シリーズ(札幌/函館)に
言えるのですが
普段はそこまで深い交流の無い
関西所属の人と関東所属の人が
混ざって競馬が行われる時期である為に
新たな関係性が生まれやすい時期でもあります

そんな中で少し燻っている騎手が
普段なら乗れないような
重賞馬や重賞を獲れる力のある馬や
来年ダービーや桜花賞などを狙える馬が
乗れてしまう可能性があるのが
この夏競馬です

そこで結果を出せば
新たな有力馬の獲得のチャンスとなります
だからこそ夏競馬というのは
いつもG1で勝てる可能性のある騎手より
G1に乗れるか乗れないかくらいの騎手を
積極的に狙う季節

という結論になるのです

秋のG1シリーズで活躍するチャンスを
虎視眈々と狙っている騎手が
この夏競馬での狙い目です

②について
これは特に中京/小倉に言えるのですが
地元の馬主さんの馬が活躍する傾向にあります
また小倉については
出身の騎手調教師も力が入って
活躍するという傾向もあります

これは敢えて具体的に誰か明言はしませんが
「地元で活躍したい/させたい」というのが
成績に出ていると考えられます

これに関してはいろいろ調べ方がありますので
自分で調べてみる事をおすすめします
競馬は教えて貰った事よりも
自分で調べた事の方が
より大きく儲ける事が出来る

ので調べる事は大きく儲ける為だと思って
その一手間を惜しまないでください

次回(6/11 19:00)は【血統】について
テーマは【癖が凄い】です
よろしくお願いします


電子書籍 新刊はこちらから
(kindle unlimitedに登録している方は
無料で読んで頂けます)



part.2【3歳オープン.3歳以上各レース】


「夏競馬は難しいからやらない」
と考えているそこのあなた

夏競馬は独特なコツさえ覚えれば
実は高配当が1年で1番獲りやすい季節です

このブログでは6~8月の夏競馬で稼ぐ為に
押さえておくべきポイントを4回に分けて
解説していきます

本日のテーマは
【3歳オープン.3歳以上各レース】です
ここは主に午後に開催される
レースについて解説していきます

今回扱うレースはabの2つに分けて説明します
a.3歳以上1勝クラス/2勝クラス
b.3歳以上3勝クラス/オープンクラス/G2G3/


a.3歳以上1勝クラス/2勝クラス
このaのレースのポイントは
・3歳馬が超有利
・単勝は基本3歳馬を狙うべし
・逆に4歳馬は人気を裏切りやすい
・複勝での狙い目は5歳馬


aのレースでは斤量の軽い3歳馬が
凄く有利になっていて
全体の成績としては
4歳以上の馬より2倍以上勝率が高い状況です

ですから基本的には斤量差によって
3歳馬は4歳以上の馬より2割増しくらいの力を
発揮する事が出来ると考えて予想した方が良く
3歳馬を軸に馬券を組み立てるのが吉かと思います

そして馬券としての狙い目は5歳馬
4歳馬と同等の成績を残している一方で
4歳馬より人気が無い状況になっていて
5歳馬を馬券に絡めると高配当の馬券を
ゲット出来る確率が上がるでしょう


b.3歳以上3勝クラス/オープンクラス/G2G3/

このbのレース達が夏競馬の1番の曲者
とにかく大荒れする確率が1年で1番高い
と言って過言ではないと考えています

このレースのポイントは
・とにかくカオス
・3連単の「平均」配当が普段の約3倍
・人気が1年で最も当てにならない
・強い馬が勝つのではなく
適性の高い馬が勝つ事が多い
・基本は前に行ける馬を買うべし
・結局最後は騎手の巧拙も影響する


ある程度JRAで勝利を重ねてきた
このクラスになると力量差というのは
ほとんどありません

それでも春競馬や秋競馬は
G1に向けてG2G3で試走をするG1勝ち馬や
重賞を走る通過点でしかない3勝クラスの馬など
上位人気馬の中でほぼ確実に馬券に絡むと
予想出来る馬というのが存在するのですが

夏競馬はG2G3ですら正直1番人気であろうと
18番人気であろうと力量差がほとんど無い
というレースも存在していて
だからこそ予想困難なカオスなレースが
多発するという状況になるのです

2019年に降級制度が廃止されてからの
3連単の平均配当は驚異の30万円オーバー
平均がこれですから異常事態と言えます

このタイプのレースの攻略法は
大きく分けて3つあります

1.前に行ける馬を狙い続ける
2.人に注目して狙う
3.血統に注目して狙う

2.3.について詳しくは次回以降の連載で
書いていきますので今回は軽く書きます

まずは1.について
これは競馬の基本に立ち返る話なのですが
穴馬は基本前に行ける馬を狙え
というのが競馬で儲けている人達の常識です

何故なら同じ力を持つ2頭の馬が居た場合
1頭の馬が逃げて80%の力しか発揮しなくても
120%の力を使って追い込んで来たもう1頭の馬に
勝利する事が出来るのが競馬なのです
だからこそ前に行ける馬というのは
大きなアドバンテージを獲得出来るという事です

夏競馬では出走馬に
力量差がそこまで無いからこそ
前に行ける馬を積極的に狙いましょう

2.について
夏競馬では騎手の巧拙が
着順に影響を及ぼす割合が
普段よりも高くなります
他にも中央4場(中山東京京都阪神)
ではないからこその狙い方というのも存在します
詳しくは次回説明します

3.について
夏競馬を行う各競馬場では
中央4場では好走しづらい血統が
激走する事も多いです
詳しくは最終回で説明しますが
血統に注目すると的中率を上げる事も
可能になりやすいという事も
覚えておいてください

以上3つに気を付けて馬券を組み立てると
超高額配当を獲得する事がしやすくなります
基本荒れる夏競馬だからこそ
上記の事を考えて予想してみてください

次回(6/10 19:00更新)は先程も書いた通り
夏競馬での「人」について
次回のテーマは「繋がり」です
是非次回も読んでみてください



電子書籍 新刊はこちらから
(kindle unlimitedに登録している方は
無料で読んで頂けます)


part.1【2歳戦.3歳未勝利戦】


「夏競馬は難しいからやらない」
と考えているそこのあなた

夏競馬は独特なコツさえ覚えれば
実は高配当が1年で1番獲りやすい季節です

このブログでは6~8月の夏競馬で稼ぐ為に
押さえておくべきポイントを4回に分けて
解説していきます

本日のテーマは【2歳戦.3歳未勝利戦】です
ここは主に午前中から
午後の早い時間に開催される
レースについて解説していきます

まずは【2歳戦】
ポイントは
・2歳戦は荒れないのが基本
・特に新聞等で注目されている1番人気は
逆らわない方が賢い選択である
・コツコツ稼ぎたい本命党におすすめ


夏競馬での2歳戦は
来年のダービー有力馬が始動する時期である為
他馬を圧倒する力を持つ1番人気というのが
頻繁に出現しますので
基本的には1番人気に逆らわないのが吉です

実は3連単の配当がこの夏競馬の2歳戦だけ
約60%程しか万馬券が生まれないという状況で
年間では約75%が万馬券という事を考えると
かなりの異常事態です

逆に言えばこの時期の2歳戦は
本命党が活躍しやすい状況と言えます
本命党は早く起きて午前中に稼いで
午後は昼寝するくらいが
ちょうど良いかと思います


続いて【3歳未勝利戦】
ここでのポイントは
・3歳未勝利戦は微荒れが基本
・人気馬の信頼は低い
・かと言って大穴の馬は基本的に能力が
足りていない事が多い
・中穴党におすすめのレース
・休養明けや近走の成績が少し悪い(5着前後)など
少し人気を落とすような要因がある馬が狙い目


3歳未勝利戦の場合は
人気馬の信頼度が少し低いのが特徴
ただこの時期の3歳未勝利戦は
そもそもJRAで走るには
少し能力が足りていない馬が
存在している事もあり
18頭出走していても
勝負に絡む可能性があるのは8頭くらいで
残り10頭は記念出走ではないか
と思えてしまうような状況というのも
案外見受けられます

だからこそ大荒れは期待しにくい為
馬連で言えば5倍から50倍
3連単で言えば100倍から500倍くらいを
狙うイメージでレースに挑むと良いでしょう


次回は
【3歳オープン.3歳以上各レース】
について書いていきます
次回のテーマはカオスです
お楽しみに



電子書籍 新刊はこちらから
(kindle unlimitedに登録している方は
無料で読んで頂けます)



↑このページのトップヘ